FC2ブログ

【石見銀山】真冬の島根一人旅【前編】

2018年2月3日(土)

半年ぶりの一人旅!
日帰りはちょこちょこやってたけど、泊まりは久しぶりです
冬はやはり温泉がいい!そして寒いところがいい!
ということで今回は島根県へ行ってまいりました。
島根と言えば出雲大社くらいしか思い浮かばなかったんだけど、世界遺産石見銀山と国宝松江城もあるじゃない!
と調べて知ったのでそれら3つへ行ってきました。あと宍道湖温泉!
名所3つということで今回も前編中編後編の3部構成で書いていきます。
前編:石見銀山、中編:松江城、後編:2日目の出雲大社

では追記から
カメラはニコンのD7000
レンズはニコンのAF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-5.6G ED VR

IMG_20180202_222413.jpg
今回は久しぶりに夜行バスを使いました。夜行は富山以来なので4年ぶり?
島根の地名、あんまり馴染みがないよね・・w

DSC_0205_201802062202297ad.jpg
やはりあまり眠れずに目的地の浜田駅に到着。5時20分でした。
天気は雨!!冬の日本海側なんてどこも雪だと思ってたよ。。
最初の目的地は石見銀山。内陸なのでバスに乗るんだけど、電車もバスも接続が悪くて朝はグダグダです(笑)

DSC_0209_201802062202310f8.jpg
浜田駅構内。かわいい。いろんな所で見かけました。しまねっこ
まずは石見銀山行きのバスが出る仁万(にま)駅へ向かいます。
電車がないので浜田駅で1時間待ったけどな!外はまだ真っ暗で散歩もできず。。待合室で朝ごはん食べてました。。

DSC_0221_20180206220232333.jpg
7時45分に仁万駅到着。雨はいい感じに上がってくれました。
次はバスだけど、8時30分に出るのでこれまた45分待ち

DSC_0225_20180206220235bf3.jpg
でももう明るいので散歩ができる!
海が近いのでとりあえず港へ向かって散歩

DSC_0227.jpg
ご当地マンホール。よくわからないけどなにかの伝承があるんですかね、仁万

DSC_0234_201802062202387a1.jpg
港だー。ごちゃごちゃした感じ好き

DSC_0238_20180206220240ed8.jpg
イカ釣り漁船なんかな?こういうランプたくさんぶら下げてる船イカ釣り漁船しか知らないんだけど、他にもあるのかな?w

DSC_0251_20180206220241386.jpg
天気よ・・。雪ならいいんだよ、雪なら。雨はやめてくれ~

DSC_0253_20180206220234f44.jpg
防波堤のおかげで港は静かだったけど、外洋は大荒れでした。
冬の日本海はこうでなくては

DSC_0272.jpg
8時25分くらいに仁万駅に帰還。
石見銀山行きのバス、大田市駅から出るのが本数多くて利用する人も多いと思うけど、今回はこっちのほうが数分早かったので仁万駅発を利用しました。時は金なり!!

DSC_0275_201802062226365d9.jpg
というわけで8時53分に石見銀山世界遺産センターに到着。
山の方だから雪まみれなんかと思ってたらそうでもないみたい。。

DSC_0276_20180206222637189.jpg
人全然いませんでした(笑)まぁ朝早かったからなー
空模様がやべぇですがこのあと世界遺産センターで展示見てる間にすごい雪降ってたみたいです

DSC_0283.jpg
石見銀山世界遺産センター。石見銀山の歴史とか銀の精製方法とかいろいろな展示があります
撮影禁止なので写真はないです。
石見銀山は灰吹法という銀の精製方法が重要だったみたいですね!
これにより銀の質も量も安定して供給できるようになったとか
多いときは年間40トンもの銀を産出していたらしい。
当時の灰吹法の仕事内容とかも展示されてましたが、工場勤務の自分でさえ(頭おかしなるで・・)って感想を持つくらいには単純労働でした(;´∀`)

DSC_0287_201802062226413a4.jpg
世界遺産センターで勉強したあとに実際の坑道を見に行く!
世界遺産センターからバスで大森へ。徒歩でもいいけど(15分くらい?)時間が微妙なので・・!

DSC_0296_20180206222642bf6.jpg
ここから龍源寺間歩(まぶ)という唯一一般公開されている銀山の坑道を目指します
しかしバスも車も通れないということで選択肢は徒歩か自転車のみ
レンタサイクルもあるけど雪が微妙なので歩いて行くことに。その距離およそ2.3km・・・!

DSC_0304.jpg
途中でスズメの木があったwかわいい

DSC_0318.jpg
ひたすら歩く。天気は小雪がちらつく程度。気温は低くなかったので雪解け水が雨のように降ってました(笑)

DSC_0319_20180206222852279.jpg
観光車両と間違われないようにこういうの必須なのだろうか・・w

DSC_0322_20180210100540c85.jpg

DSC_0327_20180210100544c76.jpg
こういうのは昔の建物が建ってた場所なのかな?
記録としては全盛期には20万人もの人が住んでたらしいけど、当時の大坂の人口が28万人だったらしいので誇張だろう、本当は2~5万人くらいだったのでは、というようなことが世界遺産センターに書いてました。

DSC_0330_20180210100542f0f.jpg
こんな案内が出てたので行ってみる

DSC_0332_20180210100543864.jpg
小川の向こう側。飛び石あったけど滑りそうで怖かった・・(笑)

DSC_0335_201802101005457f7.jpg
間歩(まぶ)。銀山における坑道を指す言葉です。
石見銀山には600を超える坑道があるらしい。穴だらけ!
空気穴とか水抜き穴も含むらしいけど。この新切間歩も水抜き穴らしい

DSC_0346_2018021010054688e.jpg
ゆるやかな登り坂。登るにつれてちょっとずつ雪が増えていく・・!

DSC_0354_201802101005485b0.jpg
そして登るにつれて山の斜面には間歩が多く見られるようになってくる。
特に案内板とか出てないけど結構間歩だらけでした(笑)
だいたいどこも3つ並んで穴あいてたけど、それぞれ人用の穴・空気穴・水抜き穴とかそういう感じだったんだろうか

DSC_0382_20180210100549b36.jpg
歩き始めて45分、11時過ぎに龍源寺間歩に到着。長かった・・

DSC_0389_20180210100551105.jpg
11時だけど一番乗りでした(笑)ひょっとして人気ない・・?w

DSC_0397_201802101005404c9.jpg
ほぼ同じ時刻に到着した2人組とガイドの人と一緒に間歩の中へ

DSC_0402_20180210102408675.jpg
暗いのであれこれ設定いじりながら写真撮ってたらガイドの人に置いてかれました(笑)
このガイドの人いらなかったなぁ・・頼んだわけではないのに勝手についてきた・・そういうサービスなのかな?

DSC_0404.jpg
龍源寺間歩は600mあるんですけど、そのうち公開されているのは150mほど。
ところどころこういう横穴が掘られています

DSC_0409_20180210102409502.jpg
これも鉱脈を追って掘られた穴。

DSC_0412_20180210102410806.jpg
今はこうやって電気が灯ってるけど、当時は巻き貝の中に油を入れてろうそく代わりにしていたそうです
石見銀山のゆるキャラがいるんだけど、そのキャラはそのろうそくがモチーフみたい

DSC_0421_20180210102412e3a.jpg
天井。手掘りだもんなぁ・・・すごいわ

DSC_0423.jpg
ところどころに冬眠中らしいコウモリがぶら下がってました(笑)

IMG_20180203_111502.jpg
これスマホ撮影。公開されている坑道は少し横幅を広げられているらしい。

IMG_20180203_111453.jpg
こっちが本来の坑道の狭さ。人一人がやっと通れるくらいの幅しかないです。
これもスマホ撮影なんだけど、なんでかっていうとこの未公開の坑道、明らかに今まで通ってきた道と空気が違って、暖かく湿った空気が流れてたんですよね
あの柵のところまで行っただけだけどカメラのレンズが思いっきり曇ってしまったので・・w

IMG_20180203_111627.jpg
なのでこれもスマホ撮影。
あとは新しく観光用に掘られた横穴から出口へ。
出口までに世界遺産センターで見たような銀山の説明の展示があってガイドの人が延々と説明してたけど、時間が押してたのでガイドの人に断って先に出ました。
こちとら勉強済みじゃい!

DSC_0436_20180210104140c69.jpg
外に出て速攻でレンズ拭きました(笑)
龍源寺間歩出口。

DSC_0444_201802101041395ec.jpg
でっかい氷柱がありました

DSC_0449.jpg
昼過ぎには石見銀山を出発したかったので急いで戻る。この時間少しだけ晴れてました

DSC_0452_20180210104141c2d.jpg
急いでると言っても寄り道はするのさ!

DSC_0455_20180210104143a1d.jpg
改装中で残念だけども・・・

DSC_0456_20180210104144e88.jpg
さすが出雲大社のお膝元というか、島根で見た神社は全てこういう大注連縄でした。
地域性が出ててこういうのすごく面白い

DSC_0459_20180210104146756.jpg
スキージャンプの滑走路か何か?
さすがに怖いので行きと同じく脇参道で降りました・・w

DSC_0468_20180210104148e87.jpg
青空ー!

DSC_0474_20180210104149b14.jpg
人間のものじゃなさそうな足跡がちらほら。行きのバスでは猿を見たなぁ

DSC_0482_2018021010490283e.jpg
雪解け

DSC_0488_20180210105221812.jpg
さっき言ってた石見銀山もとい大田市のゆるキャラ

DSC_0496_20180210105221069.jpg
大森まで戻ってきました。ここらは銀山で働いていた人たちが住んでいた昔ながらの古い町並みが残っているので写真撮りながら歩きます

DSC_0505_201802101052239f0.jpg

DSC_0507_20180210105224390.jpg
縁側って庭に面してるイメージしかないんだけど、こういうのも縁側っていうのかな?いいよねぇこういうの

DSC_0511_20180210105225c02.jpg
鬼瓦!!

DSC_0512_2018021010522703e.jpg
(迫真)

DSC_0551_20180210105220912.jpg
鬼がわ・・ら・・・?
出雲大社は大黒様を祀っているということで島根にはこういう大黒様の鬼瓦がある、らしい。。w

DSC_0514_20180210105228f29.jpg
ちょっと雪積もっててほしかったな(笑)

DSC_0532_201802101052309ae.jpg

DSC_0546_20180210105231024.jpg
お宿のお宿感は異常

DSC_0554_201802101107513ff.jpg
古い町行くとちょいちょい見るけどこういう竹に花挿してるのおしゃれで好き

DSC_0560_201802101107548ac.jpg
大森代官所跡。ここも石見銀山の資料館になってるみたいけど時間がなかったのでパス。
世界遺産センターとの違いはなんだろう?

DSC_0569_20180210110753364.jpg
最後に城上神社によって終わり。

DSC_0574_20180210110751cb4.jpg
バスに乗って13時過ぎに大田市駅へ!
石見銀山、広くてどれだけ時間かかるかわからなくて不安だったけど、なんとか想定通りの時間で周れた

ここから特急で松江へ向かい松江城へ!
中編:松江城→http://a1b2c3d45.blog55.fc2.com/blog-entry-1016.html
後編:出雲大社→http://a1b2c3d45.blog55.fc2.com/blog-entry-1017.html

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

リース

Author:リース
旅好きアニメ好きなダメ人間。
2014年9月18日から一人暮らし始めました。。




ついったー
http://twitter.com/wreath_02

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最近のコメント
データ取得中...
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
検索フォーム