FC2ブログ

芸術の秋 倉敷散歩旅

2020年10月17日~18日

10月に入ってどこにも行ってなくね?
と思ったので今回はお隣岡山県の倉敷へ行ってきました。
倉敷はちょっと行ってみたい・・・でもわざわざ行くほどでもないよなぁという、自分の中では行きづらい町でした笑
今回は土曜日が雨だし日曜日はちょこっと仕事をしに昼過ぎに帰らなくてはいけなかったので
時間もそんなにないしちょうどいいや!ということで倉敷行きを決めたのでした。
初日は雨なので美術館などをめぐり、日曜日の朝に倉敷の町を散歩して写真を撮るという流れ
時間が余ったので岡山後楽園にも行ってきました。
では追記から

IMG_6418.jpg
倉敷到着は11時すぎ。
この日は雨で昼過ぎくらいに止む予報。とりあえず美術館とか巡ってれば雨とか関係ないじゃろ

IMG_6420.jpg
商店街のアーケード街を通りながら倉敷美観地区を目指す。
途中で備前焼のお店があったので見学してました。
焼き物はなーよくわからんのだなー。。人形みたいなのは面白いんだけどね。皿とかはね・・・

DSC_2633.jpg
倉敷美観地区。川沿いに柳の木があって古い建物が立ち並ぶ
思ってたより良かった!今まで見た歴史的な町並みの中でも一番良かった気がする

DSC_2641.jpg
倉敷では大原美術館が一番見たかったので、とりあえず美術館へ。
公式HPで一度に入る人数を制限をしていると聞いていたので覚悟してたけど、15分刻みに10人くらい?ずつ入れるっぽい
昼前に行ったときの最短入場時刻が14時15分でした。
整理券をもらったので時間まで他のところをまわろう

IMG_6430.jpg
混む前にお昼ごはん。大原美術館のすぐ近くのあずみというお蕎麦屋さん。
美味しかったけど麺の食感が独特だったなぁ。もっちりしてた。人によって好き嫌いはありそう

DSC_2644.jpg
とりあえず美観地区をぶらぶら。民藝館があったので入ってみた。ちょっと値段に躊躇した。。笑

DSC_2652.jpg
民芸とかあまり馴染みがなかったのでよくわからなかったんだけど、要は普段使うような雑貨を民芸品と呼ぶらしい
お皿とかカゴとかタンスとかガラスとか。撮影禁止だったけど染め物もあった。
改めてカゴとか見てたら手芸にも興味が出てきた。最近お絵かきに代わる趣味を探してるんだけど。。
手芸はいいかもしんないね。根気がないと無理な気がするけど。。

IMG_6439.jpg
倉敷民藝館というので倉敷に馴染みのあるものだけだと思ってたら割と何でもアリな感じで笑った
まさか海外のものまで扱っているとは。。w
コンセプトとして説明文をできるだけ少なくして民芸品をじっくり見てほしいってことだったけど、
説明文読むの好きな身としてはかなり物足りなかったなぁ。もうちょっと文章がほしい・・・

IMG_6440.jpg
わけわかんなくて笑った。虎に翼・・・はわかるけど手に持ってるのは何なのか笑
虎に手ってのもおかしな話だが・・・

IMG_6443.jpg
お次は倉敷市立美術館で開催されていた高田明美展。
美術館目当てに行ったけどどこに美術館があるのかわからんかった。。
高田明美さんというのはうる星やつらや機動警察パトレイバーなどのアニメのキャラデザを担当していた方だとか。
正直古いし作品にも思い入れはないしで軽く見るつもりで入ったんだけど、想像以上に良かったです。
やっぱプロってすごいわ・・・
アニメのキャラデザって聞いてたからキャラの設定画的なものがあるのかと思ってたけどそんなものはなかったぜ
全部一枚絵でした。ポスターに使われたものだったりCDのジャケットに使われたものだったり。
アニメのキャラデザって原作の絵からアニメの絵柄に設定しなおす仕事だと思ってたけど違うのかな。。
個人的にはクリィミーマミとかファンシーララあたりの作品が好きだった。
あれ色は何で塗ってんのかなー。ふんわりした色使いは水彩っぽいけどハイライトは油彩っぽい感じだった。
美術館は写真撮れないのがアレね。この作品が良かった!ってツイッターとかブログにあげられない悲しみ
絵描きの端くれとしてこういうのを見て何かしら吸収できればいいのだけど。
残念ながら・・・でも刺激はもらった!!

IMG_6448.jpg
同じく倉敷市立美術館の展示スペースで世界児童画展というものをやっていたので見学。
時間がなかったので外国の子たちの作品を中心に見てました。
ロシアの子は冬や雪の絵が多かったり国による違いが面白かった
ここは写真撮ってもいいらしいので写真撮らせてもらった!

IMG_6444.jpg
特別賞の絵が好きだった。光の表現とか雰囲気とか。
なかなかこういう絵は描けんよなぁ。すごい

DSC_2658.jpg
時間になったので大原美術館へ!
ちゃんとした美術館に入るのは初めて。
最初に思ったこと。額縁がすげえ・・・!!作品よりまず額縁の豪華さにビビったw
額縁の装飾やら歴史を感じるくすみ具合やら。
大原美術館に入って最初に飾ってあるのはピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌの「幻想」という作品。
めちゃくちゃデカイのもインパクトがあったけど油絵なのにすごい繊細なタッチで細部までなめらかな塗り方しててすごいと思った
油絵ってべったべったと大味な塗り方してるのが多いからあまり好きではないんだけど、これはすごかったなぁ
リアル感がやばかった。手足とかは輪郭の影の付け方かなぁ?浮き上がってる感じがして不思議な感じ
そこばっかりじーっと見てた笑
この作品がすごすぎただけで、あとの作品は油絵のイメージ通りの大味な塗り方でした。
それだけに最初の作品のすごさが際立った。まぁ油絵の良し悪しなんかわからんのだけど。

IMG_6503.jpg
油絵でも良いなと思ったのが左の作品。ポール・シニャックの「オーヴェルシーの運河」という作品。
写真撮れないならお土産のやつ撮ればいいじゃない!
これは点描画の要領で筆を連打して描いた感。他の人とは違う感性で描かれててたいそう気に入りました!

大原美術館で一番すげえと思ったのはレオン・フレデリックの「万有は死に帰す、されど神の愛は万有をして蘇らしめん」という作品。(題名長い
タテ1.6m、ヨコ11mという、とんでもない大きさ!!
壁一面に展示されてて、10分くらいこれ眺めてた気がする
大きさもさることながら、中身もすごかった。天国と地獄みたいなモチーフで、描かれてる人の数が尋常じゃなかった
しかも超うまい。超リアル。遠くの山並みの表現とかマジすごかった
ヨーロッパの写実的な絵好きだなー。
制作年を見てさらに驚愕。制作年1893-1918年。25年かけて描かれた絵・・・!とんでもないわ・・・
ヨーロッパの大聖堂とかこういうのが一面に壁に描かれてたりするんだよなー見てみたいわ本当・・・

写実的な絵があれば抽象的な絵もあるわけで。
マジであれは理解不能だわ・・・芸術とは一体・・・
ピカソの絵もあったけどマジでよくわからんかった笑
芸術は自由ということだな(超ポジティブな解釈

日本人の画家でいうと児島虎次郎さんがダントツで良かった。
児島虎次郎は大原美術館設立の立役者の一人で、主にヨーロッパで美術品の購入を担当していた人。
この人の作品は好きだった!特に「里の水車」って作品は油絵だけど繊細な塗り方してて良かった。
児島虎次郎さんは光の表現に力を入れたって書かれてたけど、まさにそんなモチーフの作品だった
お土産にその作品があればよかったんだけど、地味に女の人の胸が出てたからかお土産にはなかった・・・
上の写真の右の作品も虎次郎さんの作品の一つ。光の表現がいいよなー
どの絵描きにも言えることだけど、年を経るごとに作風が微妙に変わっていくのがなんとももどかしい
里の水車は展示してある中では一番古い作品、つまりは若い頃に描いた絵で、年を重ねるごとに油絵の大味な塗りになっていって残念だった。。
油絵としてはそっちのが王道っぽくはあるけど。やっぱそっちのほうが評価高くなるのかね?わからん。。
他の日本人画家の作品もあったけど、やっぱり自分はヨーロッパの絵のほうが好きだな。。うーん

DSC_2670_20201024160817992.jpg
大原美術館の中庭にはモネの庭からやって来たという睡蓮が花を咲かせていました。
雨上がりの水滴がいい感じ。

大原美術館は本館と分館と工芸・東洋館があって、分館はコロナの関係で休館中とのこと
工芸・東洋館はツボとか古代中国の仏像とか。
甲骨文字が入った骨がたくさんあってびっくりした!甲骨文字は初めて見た
けっこうガッツリくっきり彫られてた。内容はほとんど占い関係っぽい
漢字の起源とか言われてもよくわからんかった笑

初めての美術館だったけど、すごく楽しめました!いいなー美術館。
人数絞ってたからすごくゆったり見れたしね。良かった!
このあと近くのホテルにチェックイン。1時間ほどごろごろ
17時半くらいにホテル近くのラーメン屋さんに出撃

IMG_6473.jpg
倉敷らーめん升家というお店の煮干しラーメン!
煮干しの風味がありすぎて最初はうん?って感じだったけど、慣れるほどに美味しくなっていった!
時間が早いのもあってほとんど客もおらず。食事場所は気を使うよなぁ・・。あんまり人の多いとこで食べたくないわん

IMG_6457.jpg
腹ごなしにお散歩。川沿いだけじゃないんだなー古い町並み。
本町あたりが一番雰囲気良くてよかった。スマホと財布だけの手ぶら状態だったけどカメラも持ってきたら良かった

IMG_6465.jpg
川沿いの美観地区。

IMG_6468.jpg
ライトアップがいい感じ

IMG_6470.jpg
古い町の路地はたまらんなぁ・・・

IMG_6474.jpg
翌朝。この日は晴れると聞いてたので早朝から散歩する気満々だったのに曇ってた・・・
一気にやる気が無くなったので8時半くらいまでホテルでぐっだぐだしてました笑
倉敷は国産ジーンズ発祥の地ということでデニムのお店があちらこちらにありました。

DSC_2675.jpg
川には白鳥が2羽。エサ場があったので飼ってるのかな?
後ろの子はあの状態で泳いでた笑

DSC_2677.jpg
この時期は紅葉もなく中途半端な時期よね。気候は良いんだけどねぇ

DSC_2681_20201024163755466.jpg
昨日の夜のうちに歩いたところばかりだけどとりあえずウロウロ

DSC_2686.jpg
右の陣幕張ってる建物は吉井旅館という旅館らしい。めちゃくちゃ高そう・・・笑

DSC_2689.jpg
阿智神社に寄り道。この日はお祭りで本当はお神輿担いで町を練り歩くらしいけど、コロナの影響でトラックに神輿を乗っけて走り回ることになったそうな。。

IMG_6477.jpg
阿智神社から少し離れた所に謎のニワトリが。
世話をしてる人がいたので神社で飼ってるんですか?って聞いたら
おっさん「市で飼ってるんですよ。本当はツル飼いたいんだけどお金がないからねぇ~wニワトリだったらあとで食べれるでしょ?ww」
と冗談なのかなんなのかよくわからんことを言ってました。。

DSC_2696_01.jpg
なんか全然かわいくない猫キター!
ブサイクってわけでもないのに絶望的にかわいくなかったwお目々がぱっちりしてないからかな?
あまりにもかわいくなかったので妙にテンション上がりました笑

DSC_2723.jpg
倉が敷き詰められたようにたくさんあるから倉敷と言うのだろうか

DSC_2728.jpg
倉は背が高いので圧迫感がある

DSC_2730.jpg
舟もあったけどあんまり楽しそうではないのでスルー。
とはいえ歩くのも飽きたので帰りがてら岡山後楽園へ寄り道することに。

DSC_2732_202010241655461e4.jpg
ということで岡山駅から路面電車に乗って岡山城に近い南口から後楽園へ

DSC_2734.jpg
日本三名園の一つ、後楽園。金沢兼六園には行ったことがあります。もう8年も前だけど。

DSC_2736.jpg

DSC_2762_20201024165551157.jpg
唯心山という高台から。後楽園はこういう感じなのかー。芝生が広くて庭園というより公園という感じだ
あと池がでけえ

DSC_2763_2020102416555205d.jpg
晴れてんだけど太陽はずっと雲に隠れててなんとも微妙な天気に。。
水に映る青空は綺麗かった

DSC_2773.jpg
園内のでっかい岩。これはよそにあったでっかい岩を無理やり運ぶために分割した跡らしい
分割して運んでここで組み直したと笑 無茶しおる・・・

DSC_2794.jpg
「芝生に雑草が生えてないのがすごい。うちの庭とは違う・・・!」
って言ってるおっさんがいて笑った。日本三名園やぞ!

DSC_2799_202010241655458f5.jpg
園内は梅とか桜とか竹とか雑木林とかがそれぞれ固まって植えられてた感じ。
兼六園みたいな庭園という感じはまったくなかったかなぁ
季節も季節だし、あまり面白みはなかった。桜は立派な木が多かったから咲いてたら綺麗かも
時間がなかったので岡山城はスルー。このあと仕事があったのでね・・・

このあと岡山駅でお土産買いまくって帰りました
gotoクーポンで2000円分貰ったので。あれデカいな!お土産買いまくれる。

大原美術館と倉敷の町並みが思ったより良くて楽しい時間になりました!
倉敷なめてました・・・すんませんでした。。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

リース

Author:リース
旅好きアニメ好きなダメ人間。
2014年9月18日から一人暮らし始めました。。




ついったー
http://twitter.com/wreath_02

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最近のコメント
データ取得中...
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
検索フォーム