FC2ブログ

【四万十川】星をめぐる四万十川の旅【後編&写真集】

2013/08/13

四万十川の旅、後編!
ペルセウス座流星群から翌日のサイクリング、帰宅まで。
書くこと少ないので写真集形式でいきます。

追記からです
カメラはニコンのD7000
レンズはキットレンズのNIKKOR 18-105mm DSC_5104_20130819191426f8a.jpg
20時・・・。とりあえず小さなカヌーの船着場みたいなところで天体観測
ビビリの俺は夏休みで浮かれたDQNの襲来がなによりの恐怖
ここは狭い上に逃げ道もないのでもうビビりまくり
とりあえず寝っ転がって夜空を見上げる。
写真は国道からの車のライトの光。

DSC_5066.jpg
肝心の流れ星はあんまり・・・翌3時が極大なのでまぁこんなもんかなぁと。
それで20時すぎから見始めて・・・その・・・うたた寝してしまいましてねぇ
仕事終わりでクソ暑い中自転車こいでりゃ・・・ね?
仕方ないよね。真っ暗ななかで寝っ転がってるわけだから
そんで2時くらいまで寝たり起きたりして
2時くらいになってもあまり流れ星は流れてなかったような
写真は右下に流星が写ってるね

DSC_5099.jpg
星空はすごかった!
天の川なんて生まれてはじめて見たわ
白い雲みたいな・・・?うっすーいの。そんなに綺麗じゃなかった!!
単焦点レンズで撮ってたらもうちょっと綺麗に撮れてたかもしれない。
まぁあれだ。眠すぎてレンズ交換する気にもならなかったんだわ。
ちょっともったいなかったかな・・・写真も全然撮ってない
ま、これからもこのレベルの田舎に行くことはあるだろ。その時のお楽しみということで・・・

そして3時過ぎに目を開けたら曇ってた/(^o^)\

DSC_5123_201308201248475a2.jpg
うたた寝を続けて朝になったらこんな感じ。もやもやー
いちおうこの日も晴れの予報だったはず・・・

DSC_5122.jpg
さてこいつどうしようか・・・。後輪が見事にパンクしてる
近くに返却ステーションがあるので返却するも交換するも良しだけど・・・
とりあえず風呂入って考えよう!近くに7時から入れるホテルの温泉があるのです

DSC_5124.jpg
橋をわたってホテル星羅四万十へ。6時半に着いたのでホテルのラウンジで7時まで待機。
ここで41℃の日本最高気温更新のニュースを見たのでした・・・
そういや橋のとこにテレビ高知のクルーいてたわ・・・。

DSC_5125_201308201248510e6.jpg
温泉入ってサッパリ!外に出るとなんかいい天気に!これはもうちょっと四万十川を満喫するべきか!

DSC_5127.jpg
8時半開館のカヌー館でレンタサイクル交換してもらって、さらに上流へ。
前日観光協会でもらったサイクリングマップによると近くに沈下橋が3つくらいあるらしいのでそれを見て帰ろう。
帰りの電車は12時40分予定。遅れたらえらいことになる

DSC_5130_201308201300151c1.jpg
さあ行こう。歩道があって快適だわ。そして交換してもらった自転車漕ぎやすい!
どうやら最初に渡されたものはかなりハズレだったようだ・・・。くそう

DSC_5131.jpg
見えてきた。長生沈下橋

DSC_5134.jpg
バイクのおっちゃんに記念撮影頼まれた。やっぱりこういうところはバイクで来るのが正解よねえ。。。自転車(笑)

DSC_5144.jpg
今日は昨日と違ってスッキリいい天気

DSC_5148.jpg
うおおお水きれいな!

DSC_5156.jpg
国道を外れて国道の向かいの山沿いの道を走ります。

DSC_5159.jpg
こっちのほうが山の陰に入って涼しいんだわ。

DSC_5158.jpg
逆光にならないから山も綺麗に見えるしね!

DSC_5168.jpg
そして本日2つ目の沈下橋、中半家沈下橋。「半家」の読み方は小学生が泣いて喜びそうな読み方、「はげ」と読むそうです

DSC_5171.jpg
ここは人がいなくていいな!朝早いからかな?

DSC_5190.jpg
車通るとき、脱輪したりとかしないんだろうか・・・

DSC_5185.jpg
魚が泳いでる

DSC_5178.jpg
まだまだ川幅広いねえ

DSC_5197.jpg
再び国道沿いを遡る。

DSC_5200.jpg
最後の沈下橋は国道からそれた狭い脇道の先にあるようです。夜来たらこええなここ・・・

DSC_5201.jpg
お、猿ぅー!

DSC_5203.jpg
と思ったら猫でした。紛らわしい姿勢と色だ

DSC_5204.jpg
なんという猫屋敷・・・。というか後ろのシカ?の頭蓋骨が怖すぎるんですが・・・

DSC_5206.jpg
最後の沈下橋、半家沈下橋!さらに人がいないぜ。後ろのデカイ橋がなかったら完全に秘境の雰囲気

DSC_5209.jpg
四万十川にしては珍しく流れが急になってるところでした

DSC_5212.jpg
ここで星見たら光害なんかひとっつもないんだろうな・・・。怖すぎるけど

DSC_5214.jpg
でもここ好きだ。昼間なら

DSC_5225.jpg
雰囲気良かった

DSC_5223.jpg
自転車と一緒に。レンタサイクルだけど

DSC_5228.jpg
さてあとは再び江川崎へ帰るだけだ

DSC_5232.jpg
沈下橋を渡った正面には半家天満宮。古びた神社でした

DSC_5233.jpg
来た道を戻るのは好きじゃないのでまた国道とは反対側の山道を走ります。
地図にはきつい坂道って書いてあるけど時間はあるし大丈夫大丈夫へーきへーき

DSC_5235.jpg
こんなとこに線路通ってんだな。帰りに通る線路だ

DSC_5236.jpg
ひい、ひい、坂道きつい(´;ω;`)

DSC_5238.jpg
ひゃっはー下り坂だあああああああああああ

DSC_5240.jpg
あれは中半家沈下橋だな。坂道はきついけど距離的なショートカットにはなってるな。時間?そんなもん知らん

DSC_5243.jpg
あとは一直線に江川崎駅へ。時間は・・・10時すぎ。早すぎワロタwwwww
12時40分の電車に乗る予定だったが・・・これなら11時前の電車で帰れるな!早く帰るに越したことはない。
駅でレンタサイクル返してアイス買って電車乗ります

DSC_5244.jpg
なんやこの電車・・・。なんかホビートレインとか書いてますね・・・。

DSC_5248.jpg
中。なにこれwwww壁紙は恐竜、乗車口の隣にフィギュアの入ったケースがあるwwwww

DSC_5251.jpg
クリアケースの中。ピンぼけしまくってるけど、奥はエヴァだな。手前は鬼太郎かな。あとは昆虫とかキン肉マンとか・・・

DSC_5252.jpg
ミクさん!とキセノンPのまるくなるのフィギュア!こんなのあるのかよww欲しい!!!

DSC_5254.jpg
そして大量のよつばとフィギュア。この電車楽しすぎワロタwwwwwww

DSC_5255.jpg
さようならホビートレイン・・・。というわけで窪川駅。ここから特急あしずりで高知まで。
高知駅でなにか食べてから再び特急南風で岡山まで、と思ってたんだが・・・。

DSC_5257.jpg
俺「江川崎でウイダー食ったとは言え腹減った。ここは高知で立ち食い蕎麦でも・・・」→ない
俺「県庁所在地駅なのに駅中に食いもん屋がないとは・・・じゃあ駅弁でも買うか」→売り切れ
俺「」
結局駅員さんに泣きついて特別に1時間だけ駅の外に出してもらったwwありがとうございました
これで飢えずに済む・・・

1376367825848.jpg
ご飯は駅を出てすぐの庄やさんで食べました!高知といえばカツオ!ということで鰹たたき丼セットとビール!
うめええええええええええええ

DSC_5256.jpg
高知駅前に3人のでっかい銅像。行きの時にあれは誰かと想像して坂本龍馬、中岡慎太郎はいるだろうと思ってたがあと一人がわからなかった
武市先生でしたか・・・。

DSC_5266.jpg
アンパンマン列車キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!(写真は岡山で撮った)

DSC_5260.jpg
まさか乗ることになるとは・・・やなせたかし・・・

DSC_5263.jpg
アンパンマン列車に乗り、再び瀬戸大橋を渡って岡山へ。
岡山から新大阪への新幹線は混雑で座ることが出来ず、立ちっぱなしでした・・・。やはり盆は混むね
ということで18時半くらいには家に帰り着くことが出来ました
その日は21時半には寝ましたw

さて今回の旅・・・。成功か失敗か?半々な気がしますね・・・。
成功といやあ一応やることはやったし。自転車で行ける範囲の沈下橋は全部見たし。
綺麗な星空も見れたし!
ただ・・・暑さと疲れにやられて結局天体観測の半分ほどを寝てしまうという大失態を犯してしまうしなぁ・・
単焦点レンズ買ったのに結局使わずじまいだったし。。。
やはり無茶し過ぎたかね。旅行明けの5勤も後半はポンコツだったしな・・・。
もう少し計画的に旅程たてよう!
まあ41℃の日本最高気温更新のその日その場所にいたってのはなかなかのネタになるでしょう!
わははー

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

リース

Author:リース
旅好きアニメ好きなダメ人間。
2014年9月18日から一人暮らし始めました。。




ついったー
http://twitter.com/wreath_02

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最近のコメント
データ取得中...
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
検索フォーム