FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【谷川岳登山】目指せ魔の山、谷川岳単独登山【前編】

2016年8月12日(金)

今回は登山旅。
日本一の遭難者数を記録する魔の山、谷川岳を登ります。
アニメ・ヤマノススメの舞台にもなった山。
聖地巡りの記事は別枠にするのでそちらを見てください。ちなみに前日は飯能で1泊してます
ヤマノススメ聖地巡りin飯能・谷川岳→http://a1b2c3d45.blog55.fc2.com/blog-entry-977.html

ではでは、谷川岳旅日記スタート!
カメラはニコンのD7000
レンズはニコンのAF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-5.6G ED VR

DSC_8763.jpg
出発は埼玉の東飯能駅。始発の5時21分発で出発です
ちなみに前日は楽しみと不安とで2時間ほどしか眠れず・・・。登山に寝不足はいかん・・。

DSC_8764.jpg
天気は絵に描いたような曇り空。予報では谷川岳ロープウェイが曇り時々晴れ、隣県の新潟県では快晴予報
谷川岳は群馬と新潟の県境に位置します

DSC_8767.jpg
東飯能→高麗川→高崎→水上→土合という乗り換え。ボタン式でもない完全無欠の手動ドアって初めて見たw

DSC_8771.jpg
水上駅。8時すぎだったかな。人多すぎて笑った

DSC_8773.jpg
今の今まで曇ってたけど、水上駅までくると晴れ間が!新潟では快晴予報だから、北に行くほど晴れるということか
水上駅から谷川岳ロープウェイまでバスが通ってるけど、土合駅から登るのが「通」らしいよ

DSC_8780.jpg
ということで土合駅到着が8時38分。地下の駅なので空気がひんやり、というかかなり寒かったです(笑)

DSC_8783.jpg
土合駅名物、486段の長階段!

DSC_8794.jpg
ウオーミングアップがてら、ゆっくり登りました。

DSC_8797.jpg
ホームが地下深いのでモグラ駅と呼ばれているそうですね。ここで登山届を提出。

DSC_8798.jpg
何年前に買ったかもわからない日焼け止めを塗りたくる。

DSC_8801.jpg
駅から少ししたところにある川。電車乗ってる時から見えてたけど、水が綺麗だ!

DSC_8802.jpg
さぁ、行こう!

DSC_8806.jpg
見事なまでの青空!土合駅から谷川岳ロープウェイ乗り場まで、車道を歩いていきます

DSC_8810.jpg
綺麗だなー

DSC_8818.jpg

DSC_8821.jpg
見えてきた

DSC_8824.jpg
谷川岳ベースプラザ。土合駅を出てから20分くらいで着きました。時刻は9時20分

DSC_8825.jpg
思ったより人が少ない。お盆休みだから覚悟してたんだけど
ロープウェイ乗車券売り場のほかに、おみやげとかアイスとかも売ってました

DSC_8828.jpg
チケット購入。田尻尾根から徒歩でも登れるけど、今回は行き帰りともロープウェイを利用します

DSC_8831.jpg
谷川岳ロープウェイ。2分毎に来るのでどんなに混雑しててもそんなに待たずに乗れると思います。素晴らしい

DSC_8837.jpg
天神平までロープウェイで15分ほど

DSC_8838.jpg
天神平。標高はすでに1300m!

DSC_8839.jpg
うっ・・・嫌なこと書いてやがる・・・。

DSC_8840.jpg
天神平。

DSC_8845.jpg
正面の山は朝日岳かな?

DSC_8849.jpg
ここからさらにリフトを利用します

DSC_8856.jpg
谷川岳は遭難死亡者が日本一。どころか世界一としてギネス記録にも載る山です。
まぁそのほとんどが一ノ倉沢から続く岸壁ルートによるものらしいけど。普通に登る分には問題無いです

DSC_8857.jpg
天候の変わりやすい山。この意味を後に知ることになる

DSC_8860.jpg
リフトを降りればそこは標高およそ1500mの天神峠

DSC_8863.jpg
すぐ近くの天神山。標高1502m。リフトとは反対側にも山がたくさん見えるはずだけど、ほとんどが雲に隠れて見えず・・。

DSC_8867.jpg
そして目指す谷川岳も山頂は雲に隠れて見えず。富士山登った時を思い出した・・。

DSC_8871.jpg
天神山でおにぎり食べて、いざ出発。10時25分。
天神尾根という尾根道を歩いて谷川岳を目指します

DSC_8873.jpg
花がたくさん咲いてることでも有名らしい谷川岳。アザミはどこでも咲いてるね。色が綺麗で好きです、アザミ

DSC_8882.jpg
山頂の雲が晴れそうにない谷川岳。不安が募る

DSC_8887.jpg
天神平からの道と合流。山頂まで3.3km

DSC_8888.jpg
山道から見える朝日岳が美しい

DSC_8893.jpg
トンボがやたらと飛んでました。

DSC_8901.jpg
多少のアップダウンはあるものの、ここまでの天神尾根はそこそこ歩きやすい

DSC_8903.jpg
11時過ぎに熊穴沢の避難小屋に到着。地図にある目安時間よりかなり早く歩けたみたい。
ロープウェイやリフトを使えるとはいえ、小さい子供も結構登ってて驚きました。

DSC_8905.jpg
距離的にもここで半分か。
歩くスピード早いくせにやたらと小休止入れる学生団体が2組あってかなりウザかった

DSC_8906.jpg
熊穴沢の避難小屋を過ぎると傾斜が一気にキツくなってきます。所々に鎖場もある岩登りが続く

DSC_8912.jpg
歩いてきた道が見えるのが尾根歩きの面白いところ

DSC_8914.jpg
まだまだ登る!岩がかなり滑りやすいので怖い。帰りがヤバそう

DSC_8917.jpg
山頂に被っている雲が迫ってきました

DSC_8928.jpg
そして雲に飲まれ視界は真っ白に・・・。足元も見えないという感じではないけど、景色はこれっぽっちも見えなくなりました


写真じゃわかりづらいだろうなと思って、動画を撮ってみた。雲の流れが早いです

DSC_8934.jpg
天狗の留まり場という岩場で長めの休憩。
この視界の悪さを嘆く登山者のおしゃべりが多く聞こえました。そらそうだな・・・
ここからだって登ってきた尾根、まわりの山々だって綺麗に見えるはずなんだ・・・

DSC_8946.jpg
そして出発。山頂手前の肩の小屋まではもう少し。しかしこの天候では、景色は絶望的・・・

DSC_8948.jpg
しかしこれも山・・・。仕方がない

DSC_8950.jpg
ここを登りきれば・・・







待っている景色が








そこにあった










DSC_8951.jpg

DSC_8955.jpg
これが・・・これが山か・・・!!!


後編へ続く・・・!
後編→http://a1b2c3d45.blog55.fc2.com/blog-entry-976.html

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

リース

Author:リース
旅好きアニメ好きなダメ人間。
2014年9月18日から一人暮らし始めました。。




ついったー
http://twitter.com/wreath_02

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最近のコメント
データ取得中...
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。